クリエイティブな空間から生まれる革新

クリエイティブな発想や、積極的な発言ができる空間『ispace(アイスペース)』。

壁やテーブル天板はホワイトボード仕様。アイデアを直接書いたり、貼ったりすることが可能。

テーブルの机上面もホワイトボード。イスやプロジェクターの収納が可能。

OUTLINE
事例概要

エスティ ローダー等の化粧品ブランドを展開するELGC様の空間づくりをさせていただきました。部署間の垣根を越えた新しい発想をどんどん生み出していきたいというご要望を受けて、クリエイティブな発想や、積極的な発言ができるような空間をご提案。社員が意欲溢れるきらきらした目で革新的なアイデアを生み、最新のツールを使って仕事をする場所という意味を込めて、スペース名称は『ispace』となりました。

CLIENT

ELGC株式会社 様

東京都千代田区
5坪
2013年2月

SOLUTION

PROCESS
課題解決プロセス

01背景

各ブランドが個性を打ち出し、それぞれのマーケティングを展開する一方で、上下関係や全社的なブランドの垣根を越えた活動でさらに新しい発想を生み出し革新を起こしたいと考えていました。そういった目標を叶えるスペースを用意することになりました。

02課題
  • 発言がしやすくアイデアが出てきやすいスペース
  • 人数や打ち合わせ形態に縛られない空間づくり
  • 積極的に社員に使ってもらえるような仕掛け
03リリカラが提案した解決策
  • クリップボードをコンセプトにした空間デザイン
    アイデアを思い思いに書いて貼る、消してはがす、また書く、というブレインストーミング作業を繰り返す場所として、壁面に5メートルのホワイトボードを設置。さらにテーブルの机上面にもホワイトボードを使用しました。ペンダントライトや壁には発想を促すグラフィティや創業者の理念などを描くことに。
  • 可変タイプのテーブルとイスを採用
    テーブルとイスの配置を変えることで、小規模な集まりから、資料を使ったミーティングまで、様々な打合せに対応できるようにしました。
  • 新たなスペースの名称を社内公募し、社内の関心を集める
    『ispace』の「i」が象徴するのは革新的なアイデア(innovation、idea)、最新のツール(iPhone)、そして社員の意欲溢れるきらきらした目(eye)。活発なスペース利用につながりました。
04お客様の声

Bringing the Best to Everyone We Touch(ふれあう一人ひとりに最高のものを)という、創業者エスティローダーの理念のもと、当社社員は同じロードマップを共有し、サッカーチームの様に各自が与えられた持ち場でミッションを達成しようと努力しています。『Ispace』はさらなる革新の源になっていくと思います。

 

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼